個人情報保護方針
アクセス


                    
 
「妊娠・授乳サポート薬剤師」を相談窓口に

 「妊娠中だけど薬を飲んでも大丈夫かしら?」「薬が処方されたけど、授乳は中止しないといけないかしら?」など、妊娠中や授乳中には薬のことで不安になる方も多いと思われます。
 妊娠中は当然ですが、薬の服用は慎重にしなくてはいけません。ただし、危険性が認められている薬はごく一部であり、多くの薬は心配しなくても大丈夫と言われています。また、妊娠時期によっても薬の危険性は違いますので、正しい知識を持って、必要な薬はきちんと服用することが大切です。
 また、授乳中であっても、病気になれば薬を飲まなければならないこともあります。薬の説明書や書籍には、ほとんどの薬に「授乳中は授乳を中止させること」または「授乳中は投与しないこと」などが記載されています。これは、動物実験で母乳中に薬の成分が移行したことや、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されたことなどの理由により記載されている場合が多く、実際に赤ちゃんにどのような影響があるのか、確認されているわけではありません。
 お母さんが飲んだ薬が母乳の中に分泌される量は、一般的には1%以下と極めて微量であると言われています。母乳育児の大切さから、WHO(世界保健機関)では、薬と母乳について安全性を審査して、薬ごとに使用が可能かどうか判断しています。その結果、母乳に移行する量が少なくても、赤ちゃんに有害な影響を与えるおそれのある限られた薬以外は使用が可能であるとしています。
 愛知県薬剤師会では、妊婦や授乳婦の方の薬に関する相談窓口として「妊娠・授乳サポート薬剤師」を養成しています。愛知県薬剤師会のホームページで、お住いの地域の「妊娠・授乳サポート薬剤師」を探せます。是非ご覧下さい。


寺部 重人
(一社)豊川市薬剤師会 顧問
豊川商工会議所
医療関連部会副部会長
(泣Xワ薬局代表取締役)

 
Copyright (C) The Toyokawa Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.