• アクセス
  • 問合せ
  • 電話:0533-86-4101

新着情報

景況動向調査 第2四半期結果

2018年10月15日

豊川商工会議所は、平成30年度第2半期(30年7月〜9月)までの景況動向調査を実施。DI値による集計の結果、業況は改善傾向となった。

この地域における景気動向を把握するため、豊川商工会議所会員企業416社を対象に景況動向調査を行い、150社から回答を得た(回答率36・0%)。
調査は、DI値(業況判断指数)でとらえ、「増加(上昇)」の割合から「減少(下降)」の割合を引いた値で、対象となる指標(売上など)の変化の方向(増加傾向か下降傾向か)を示すものとなっている。
「自社の業況(総合判断による)」の回答によれば、前年同期比(平成29年7月〜9月と比較)より「好転した」と回答した事業所は14・7%、「悪化した」と回答した事業所は22・7%でDI値は▲8・0、前回調査(30年度第1四半期、30年4月〜6月)の同数値の▲10・1から2・1ポイント回復した。

 

詳細はこちら